整体学校の受講費用はどれくらい?一般的な相場をチェック!

公開日:2022/04/19  

相場

整体学校の受講費用の相場を一概にいうのは難しいですが、初心者向けのコースなら100万円前後、上級者向けコースなら200万円以上かかるというのが一般的です。また、いきなり100万円も支払うのは難しいという方のために、数10万円で入門コースを設けている学校も見つかるのですが、安ければよいというわけではないのが、整体学校選びの難しさです。

整体学校の受講に必要な費用

それでは、初心者向けと上級者向け、どのようにカリキュラムが違うのかをみていきましょう。また、通信講座との比較もおこなっています。

初心者向けコース

整体師として就職を目指すのためのコースです。基本的な知識や技術を、座学や実技で身につけます。かかる期間は1年未満です。

上級者向けコース

整体師として独立開業を目指すのためのコースです。初心者向けコースに専門的な知識や技術が加わるほか、経営の知識も学べたりもします。かかる期間は2年ほどです。

オプションもいろいろ

学校によってはオプションで、短期や中期のコースが設けられています。短期のものはたとえば、新しい整体技術を身につけたい向けの講習会のようなものです。1回の講習で終了するなど短期間なら、数円〜といった費用で済んでしまうでしょう。

中期は、たとえば美容やカイロプラティックなど、整体といっしょに学ぶことで就職や独立開業で有利に働く分野になります。カリキュラムのボリュームに応じて、かかる費用は数万円~数10万円です。

通信講座は費用も安いけど?

ご存じのとおり、整体師になるのに決められたカリキュラムはありません。費用の安い通信講座を修了し、整体師を名乗ることも不可能ではないのです。しかし、費用の安すぎる通信講座のなかには、DVDなどを観るだけの学習で実技がまったく行われないこともあります。

人の体に触れることなく通信講座で学んだだけの整体師と、実技・座学とも学校でみっちり身につけた整体師、どちらが信頼できて成功するであろうかはいうまでもないでしょう。もちろん通信講座を修了したあと、信頼できる整体院でみっちり修業を積む、といった方法もありますが。

自分が通う整体学校は費用だけで決めないことが大切

費用が安いに越したことはありませんが、安すぎる整体学校の場合では、カリキュラムが少なすぎる傾向があります。社会に出て整体を学んだと胸を張っていうためには、最低でも1年間は学校に通って、知識や技能を身につける必要があるでしょう。整体学校を選ぶほかのポイントは、以下のとおりです。

就職率に注目する

どれくらいの卒業生が整体師として活躍しているかは、多くの学校が公表しています。就職率が高いというのは、カリキュラム修了後のサポートもしっかりしているということですから、整体学校選びで忘れてはいけないポイントです。整体院が経営している学校を選ぶなら、就職という点では心配が少ないかもしれません。

卒業後のフォローに注目する

卒業後も学校が主催する短期コースを受講できたり、独立開業を指導してくれたり、卒業後の対応は学校によってさまざまです。できることなら、卒業後のフォローが充実している学校を選びたいものです。

通学・受講のしやすさに注目する

遠い学校を選んでしまうと、通うことがおっくうになってしまうかもしれません。そのため、通学しやすい学校を候補にあげるのもよい方法です。日中は別の仕事に就きながら整体師を目指すなら、週末や夜間のコースがある学校を選ぶべきでしょう。

学びたいコースがあるかに注目する

将来、女性を対象にした整体院の開業を目指しているなら、美容やカイロのコースもある学校がよいなど、ご自身が学びたいコースの有無に注目しましょう。アスリートを対象にするなら?リハビリを専門にするなら?など、どんな整体師になりたいかをイメージすることが大切です。

整体学校の受講費用の支払い方にはどんな種類がある?

少なくても100万円前後かかりますため、整体学校の費用は大きな出費です。現金での一括払いが難しいという方のために、最近の整体学校はいろいろな支払方法を受け付けています。

分割払い

複数回に分けて受講料を納める方法です。民間のローン会社と提携している場合と、学校が分納を認めている場合の2種類にわけられます。前者なら金利はどれくらいか、後者なら最大でどれくらいの分割が可能かなどを確認しておきましょう。

教育ローン

忘れがちですが、専門学校も国の教育ローンの対象です。無担保・低金利というメリットがありますが、提出書類が多かったり審査に時間がかかったりといったデメリットもあります。

民間の教育ローンなら比較的スピーディですが、金利はやや高めというデメリットがあります。近年ではクレジットカードでの支払いも受け付けている、整体学校もあるようです。

 

学校にもよりますが、カリキュラムが充実するほど費用が高くなるのが整体学校、整体師として活躍を目指すなら、1年間100万円ほどかけて整体学校に通うのがおすすめです。ただ整体の世界をのぞいてみたい方なら、費用の安い入門コースや通信講座も決して悪くはありません。他には就職率を参考にしたり、将来どんな整体師になりたいかをイメージしたりしながら学校を決めてください。

 

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

近年はテレワークによって、長時間同じ姿勢で仕事をする人が増加しています。ずっと同じ姿勢をとり続けることにより「身体が固まってきた」「姿勢が悪くなってきた」といった悩みを抱えている人も少なくな
続きを読む
長時間のデスクワークや立ちっぱなしの作業は、身体に大きな負担がかかります。肩こりや腰痛、姿勢の悪化などによって身体の不調を訴える人の増加により整体院の需要も高まることで、近年ではマッサージ屋
続きを読む
東洋整体術® 東洋カイロプラクティック専門学院 住所:〒114-0002 東京都北区王子1-27-15 TEL:03-3913-1020 東洋整体術® 東洋カイロプラクティック専門学院は創立
続きを読む